ばんびの日常

毎日笑顔で過ごしたい♪素敵なお部屋作りがしたい♪マイペースにDIY、お料理、食べ歩き、コスプレ等ばんびの趣味を綴ってます^^

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

大分県中津市本耶馬溪町「青の洞門」に行ってきました

先月の半ば、主人と一緒に大分県中津市に行った時の記事の続きです^^

↓前回の記事
大分県中津市本耶馬溪町に行ってきました
http://yurizou.blog.fc2.com/blog-entry-771.html

そういえば、耶馬溪町に向かっている間に少し霧雨が降っていたのですが
到着する頃には雨も止み、青空が広がる中、ゆっくり見て回ることが出来ました^^
自称晴れ女なのですが、この時も発揮できたのかな?


道の駅「耶馬トピア」で川遊びをしたり、売店でお買い物をした後は
青の洞門という手堀りのトンネルを見に行ってきました。



20150715-01.jpg


青の洞門周辺の川には沢山鯉がいて、水面を覗いただけで
「えさをくれーー!!!」といわんばかりの勢いで大量の鯉たちが集まってきます。


20150715-02.jpg

すまない。君たちにあげられるような物は持っていない。



水中には大量のでかい鯉の群れ、
水面には鯉のえさのおこぼれをもらおうとしているカモたち、
地上には こちらもおこぼれ待ちの鳩とカラス。

この辺りでは小さいお子さんにパンなどの食べ物を持たせて
一人歩きをさせない方がいいな・・・なんて思いながら目的地の洞門入り口へ。



ちなみに「青の洞門」とはなんなのかというと、
禅海和尚という旅の僧が、雇った石工たちとともにノミと鎚だけで
約30年かけて掘った洞門(トンネル)のことです。
また、日本初の有料道路とも言われているそうです。(今は無料)

20150715-03.jpg




左側の奥に見える明かりが差し込む場所は、トンネルの「明かり採り窓」
と言われており、この部分のみ手掘り完成当時のまま
殆ど手が加えられることなく今も残っているんだそうです。

20150715-05.jpg


他の場所は手掘りトンネルが完成した百数十年後に大改修を行い
完成当時の原型は残っていないそうです。




大改修をして完成当時の原型が残っていない手堀りトンネルの内部。
(とピースでポーズをとるものの逆光でシルエットと化した主人)

20150715-04.jpg




川沿いには岩山を綺麗にくりぬいた様な車両用のトンネルもあります。

20150715-06.jpg


20150715-07.jpg

久しぶりに自然いっぱいの環境で休日を過ごすことができて
とってもリフレッシュできました(*´∀`*)

今度来るときは鯉のえさでも買って行こうかな( ̄m ̄)



青の洞門 概要(大分県中津市公式観光サイト)
http://www.city-nakatsu.jp/kankodocs/2013080200107/



o○☆*゜・*:..。o○☆*゜・*:..。o○☆*゜
ランキングに参加してます♪
下のバナーをぽちっとしてくださると励みになります^^


o○☆*゜・*:..。o○☆*゜・*:..。o○☆*゜
スポンサーサイト

| おでかけ・写真 | 21:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://yurizou.blog.fc2.com/tb.php/776-bd5ec8c9

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>