ばんびの日常

毎日笑顔で過ごしたい♪素敵なお部屋作りがしたい♪マイペースにDIY、お料理、食べ歩き、コスプレ等ばんびの趣味を綴ってます^^

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

燻製機は使わずに、鹿肉で自家製ジャーキー

猟友会に所属するじいちゃんから鹿肉をいただきました^^

鹿肉は夏が旬で今がとても美味しいのだとか。
脂肪分が少なくしっかり目の赤身肉で、鉄分が豊富なため
万年貧血体質のばんびにはうってつけの食材なのです。

我が家の場合、いただいた鹿肉はその殆どがカレーの具になるか、大和煮になるか、
ロースト調理されるだけなので たまには違う調理法で何かを作ってみようと思い、
この度初めてジャーキー作りに挑戦してみました。

といっても我が家には燻製機がないし、簡易燻製装置を作る場所も体力もないので
今回作るのはオーブンを使用したなんちゃってジャーキーです(´∀`)

それでも主人から好評をいただいたので覚書がてら記事にしてみました。


ジャーキーの味の要となる調味料は、たったこれだけ。

20160717-01.jpg

塩&ニンニクベースのドレッシングと焼き肉のたれ(甘口)


これを、1:1の割合で足して混ぜときます。そしてジップロックに入れます。
そこに半解凍して3mm程度の薄さにスライスした鹿肉も入れます。
肉を切る際は繊維と平行に切るとパサパサしない仕上がりになります。

20160717-02.jpg

20160717-03.jpg

袋の上からしっかりともみもみして、冷蔵庫で数時間~一晩放置。



風通しの良い日陰で表面をさっと乾かします。
朝っぱらからベランダに生肉(しかも鹿肉)を干していた女とは私のことです。

20160717-04.jpg

今回2時間乾かしました。1時間経過した時にひっくり返して裏面も乾燥済。
虫さんを物凄い威力で誘因するので必ずネットに入れて干しましょう^^

ちなみに、この「干す」という工程は天気にも左右されるし、省いてもよいかもしれません。
その際は次の工程に移る前に肉の表面についている汁気を
キッチンペーパーなどで軽くふき取りましょう。




オーブンを100度に予熱して、片面を40分ずつ焼きます。
ピリッとしたジャーキーが好きな人はここでペッパーや唐辛子を振りかけます。

本当は通気性が良いバーベキュー用の網の上などに乗せたかったのですが
持ってないのでクシャクシャにしたアルミホイルで代用。

20160717-05.jpg

表面に少し汁っぽさが残っていれば様子をみながら10分ずつ延長して焼きます。
完全に汁気が飛んだら粗熱をとって出来上がりです。


20160717-06.jpg
(黒い被写体を黒いお皿に盛ってしまったことを未だに後悔している…orz)

完全ドライタイプではなく、ソフトタイプ寄りなので冷蔵庫で保管します。

ばんびは焼き加減を見るべく2~3個ほど味見をしただけで終わりました。
残りは全部主人の胃袋へ。
ビールとの相性が抜群らしく、また作って!とのこと(´∀`;)


鹿肉がない場合は脂肪分が少ない牛もも肉などでも作れそうなので
安くゲットできた時は牛さんでも試してみようと思います^^


☆*゜・*:..。o○☆*゜・*:..。o○☆*゜
ランキングに参加してます♪
下のバナーをぽちっとしてくださると励みになります^^


o○☆*゜・*:..。o○☆*゜・*:..。o○☆*゜
スポンサーサイト

| 手作りごはん | 10:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://yurizou.blog.fc2.com/tb.php/884-091201a0

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>